ゆるモザ日記。

青年海外協力隊としてモザンビークへ。ゆるく、楽しく、自分らしく。

はじめての病院(派遣163日目 2018/09/12)

モザンビークの病院初体験してきました。

2日前からのどの痛みと戦っていて、おさまってきたかなぁと思っていたけど、

それは日本から持参した痛み止めが効いてただけのようで、

薬が切れるとまた痛む、、、。

そして、

声が出ない。

自分史上、もっとも声が出ないなう。

こりゃいかん。



ということで、

子どものように「病院行きたくない!」と意地張ってたんですが、

ついに行ってきましたー。

病院の写真、なくて申し訳ないんですが、行ってきたのはとても立派で大きな公立病院です!(それが徒歩圏内にあるんだからほんと恵まれてます…)



で、



私の家の大家さんのカロリーナさんは、この病院の事務で働いているので、付き添ってもらうことに。

…っていうか、知り合いが病院で働いてるんだから、もっと早い段階で頼ればよかった。。。まぁ、よく寝れば治るだろうとタカくくってた私の慢心ですね。。。


のどが腫れて、声がほとんど出なくなってしまった私を見たカロリーナさんの第一声、

「私言ったでしょ?月曜に病院行きなさいって。日本とここは気候も違うんだから、日本と同じようにしてても病気は治らないのよ。すぐ病院行かないから、悪化したじゃない!」



…怒られた。笑



ぐうの音もでない…ごめんなさい(´・ω・`)



その後、

受付で約1000円を支払って、待合室へ。

※システムがよくわからないんだけど、お金を払ったことによって、急患扱いで待たずに診察してもらえたっぽい。

そして、カロリーナさんに連れられるがまま診察室へ。

カロリーナさん、完全に私の保護者。



お医者さんによる問診をいくつか。

「症状はいつから?」
「熱は?」
「のどの痛みは?」などなど。

そのあと、のどの様子を見て、

おしまい。



早っ。



処方箋と診断書(職場へ提出する用)を書いてもらって、おしまい。



するとお医者さん、

医者「君何歳なの?」

私「30歳です」※カスカスでほぼ声出てません。

医者「30歳?!14歳の子どもかと思ったよ!」

私(声にならない笑い)

医者「夫はいるの?」

私「いません」※声でない。つーか、のど痛いから喋らせないでほしい。

医者「なら、モザンビークで相手見つけて結婚すべきだよ!!」

私(声にならない苦笑)

医者「モザンビークにはいい男がたくさんいるから……なんたらかんたら」

私(言葉にならない)※ダブルミーニング




医者よ……お前もか……



これ、ガチで高熱で具合い悪い時にきたら、ほんっと疲れる結果になってたな笑

そして、ほんとにカロリーナさんいてよかった泣


その後、処方箋を持って、病院内の薬局へ行くと、



「その薬はないよ」


…えっ???


カロリーナさんに連れられ、さらに奥の倉庫的な所へ行くと、

「薬Aはあるけど薬Bはないよ」


…えぇ??!!!

まさかの薬、在庫切れ。



処方箋に書かれたのは二種類なんだけど、一種類は病院にはないらしい。病院なのに。


カロリーナさんに、町の薬局で買ってきなさい。と言われ、薬局へ。

すると、

薬局「この薬はないよ。もっと遠くの薬局にならあるよ」


えぇ………


処方箋の意味……



っていうか、私が求めてる薬ってたぶん、「痛み止め」とか「抗生物質」の類いだろうから、そんな珍しいもんじゃないでしょうに。


っていうか、


薬局にところ狭しと並んでる、

コンドーム!ピル!!妊娠検査薬!!!精力剤!!!

ここをこんだけ充実させられるなら、痛み止めくらい揃えといてくれーーー(声にならない叫び)※ダブルミーニング



それなりに気力体力をもってかれ、とりあえず帰宅。



家でゆっくりしていると、

仕事終わりのカロリーナさんが来てくれて、

なんと!

もらえなかった薬を、知人に頼んで買ってきてくれた!!!!



神!!!

いや、女神!!!!

母!!モザンビークの母!!!

モザー・テレサ!!!!(ToT)




カロリーナさんは、何時にどうやって薬を飲んだらいいのかを、きっちり私に教えてくれました。

はぁ…ほんとにいい人だ…あとでちゃんと御礼しなきゃ……




f:id:yurumoza:20180913025503j:plain

f:id:yurumoza:20180913025527j:plain


処方された薬。でかい。

大きさ比較用にペットボトルのフタ置いてみた。

のど痛いっつってんのに、こんなん飲めるかー!

半分に砕いて飲みました。


薬効くといいなー、、、


そしてできればもう、病院のお世話にはなりたくないなー、、、



にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村