ゆるモザ日記。

青年海外協力隊としてモザンビークへ。ゆるく、楽しく、自分らしく。

モザンクッキング(派遣170日目 2018/09/19)

同僚に冗談を言われた時のリアクションの取り方がわからない(=_=)

同僚「おはよう課長!」

私「え、課長じゃないよ。え?なに?」

同僚「課長だよ。Family課の課長でしょ」←これ本当に意味不明

私「え?どういうこと?」

同僚「課長は何が必要なの?」

私「………え??わかんない…」

同僚「もう、ポルトガル語を理解してくれないなぁ…」



いや、

ポルトガル語の問題というより、

その絡みの意図が!!!わからないんですよ!!!こっちは!!!( ゚д゚)



同僚「その電子辞書、日本に持ってっていい?」

私「え?どういうこと??」

同僚「その 辞書を 僕が 日本に 持って行っても いい?」←ゆっくり言ったところで、意味がわからない。

私「?????え????なんで?」

同僚「日本に行くなら必要でしょ?」

私「???日本に行くの???」

同僚「行くよ。一緒に行こうよ」

私「え?飛行機のチケットは?」

同僚「買うよ」

私「え??」

…で、このままうやむやになったまま、会話終了。

結論からいうと、日本に行くくだりは、冗談なんだけど、



っだから、わかりにくいって!!!( ゚д゚)

え、何が正解?!どういうリアクション取ればいいわけ?!!

真顔で言ってこられると、いよいよ、真意がわからない……


あ"ー

つかれる_(┐「ε:)_


基本的に、モザン人との会話は、冗談と本気の境界がわからない…っていうか、たぶん、境界なんてない…。


おもしろくない冗談に愛想笑いで返したら返したで、

「それで?いつ一緒に日本行く?」
「いつそのカバン僕にくれる?」
「いつ家に招待してくれる?」

って、延々と聞いてくる…

最終的に、「ノリが悪い」「ポルトガル語理解してない」と思われて終わるのが、もやっとする…(=_=)

どわー_(┐「ε:)_

何回もこういうことを、このブログに愚痴ってるけど、いつまでも疲れる!!笑

そして結局、語学力が足りないことにより、何回も聞き返すはめになるし、うまい返しができない…

それがまた疲れる…_(┐「ε:)_


道のりは長いですね……




そんなこんなで疲れつつ。

夕飯はモザン料理を作ってみました〜。

先日、先輩隊員が作ってくれたのを、見様見真似で。



f:id:yurumoza:20180920022240j:plain


どーん。


玉ねぎライスとチキンの煮込み。(ネーミング適当)

玉ねぎライスは、玉ねぎを炒めた後に、米とお湯(!)を加えて炊くだけ。
※モザン人はお湯から米を炊く

チキン煮込みは、にんにくで下味つけた鶏肉を、玉ねぎトマトじゃがいもとひたすら煮込む。

以上!!適当!!簡単!!

でも旨い( ´∀`)

自分で捌いた冷凍丸鶏が旨いっ!お肉さいこー!

ちなみに、ライスも煮込みも、

味付けのポイントはこいつ。


f:id:yurumoza:20180920022622j:plain


チキンコンソメ、的なやつ。

ポルトガル語でcaldoといいます。

これ使えば、なんでもモザン料理の味になるんじゃないかっていうくらい、たいていの炒めもの、煮込み、にはこいつが入ってる。

モザン料理はたいてい、トマトと玉ねぎ、塩とcaldoで味付けされてる、と思う。

これって、ポルトガル料理の影響なのかなー。

ちょっと西欧っぽいよね。



よし、お腹も満たされたし、明日もモザトークがんばろう(`・ω・´)


にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村